【開催趣旨】

近年、神経疾患はその病態解明が進む一方で、多くの疾患が依然として難治性である。そのブレイクスルーには、基礎研究の成果を患者に届ける最大の出口である創薬について、産官学の社会全体としてコンセンサスの得られた意識改革と、その実現のための社会構造の構築が必要と考えられる。官民の努力により、日本のアカデミア発の創薬には進展がみられるが、その成功確率はいまだに低い。その原因は、日本のアカデミア、政府、製薬企業の担当者にPublic-Private Partnership(PPP)やオープンイノベーションの概念の理解と、それを実現するための知財、COIなどの基礎知識が不足していることが指摘される。

日本神経学会は、神経疾患に対する創薬トランスレーショナルリサーチの教育プログラムを同学会の将来構想委員会が主導で実施する方針とし、2018年8月25~26日に第1回サマースクールを開催した。関連するシンポジウムを2019年5月の日本神経学会学術大会でも実施する一方で、同年8月に第2回サマースクールも実施する方針となった。有識者による事前meetingを2019年3月23日に行い、第2回サマースクールは土曜日単日での開催を検討する計画とした。プログラムは、昨年に引き続き、初学者にとっても理解しやすいことを意識した講義やワークショップ(創薬塾)を予定する(講師陣は再検討)とともに、新たな試みとして神経疾患に対するグローバル創薬の方向性の特別講演、および産官学の有識者によるパネルディスカッションを計画している。また、参加者全員の自己紹介や名刺交換会、懇親会で、深く交流できるように工夫する。


【開催概要】

日 程:   2019年8月24日(土)10:00~20:00
会 場: 東京医科歯科大学 3号館2階 3号館2階 医学科講義室1(講義・グループワーク(創薬塾))
東京医科歯科大学 M&Dタワー26階 ファカルティラウンジ(懇親会)
主催者: 日本神経学会 将来構想委員会
準備委員:

横田 隆徳 (東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 脳神経病態学分野(神経内科)教授)

勝野 雅央 (名古屋大学 大学院医学系研究科 神経内科学 教授)

望月 秀樹 (大阪大学 大学院医学系研究科 神経内科学 教授)

後援団体: 日本医療研究開発機構(AMED)
医療系産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
日本製薬工業協会(JPMA)
米国研究製薬工業協会(PhRMA)
欧州製薬団体連合会(EFPIA)
ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
グループワーク(創薬塾)
協力団体
日本医療研究開発機構(AMED)
医療系産学連携ネットワーク協議会(medU-net)
日本製薬工業協会(JPMA)
主催者: 日本神経学会 将来構想委員会
事務局:

東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 脳神経病態学分野(神経内科)

桑原宏哉(非常勤講師)、西田陽一郎(講師)、木村真理子(秘書)

募集人数・参加費(交通費・宿泊費は自己負担):
所属 募集人数 参加費
日本神経学会員 50名 5,000円
産業界(製薬企業、バイオテク企業、ベンチャー企業など) 50名 10,000円

プログラム(仮)

時 間 セッション
10:00~10:10 Opening Remarks(横田隆徳 教授)
【講演1】 座長:望月秀樹 教授
10:10~10:30 神経疾患に対する創薬の実例紹介1
(岐阜大学大学院医学系研究科脳神経内科学分野 下畑享良 教授)
10:30~10:50 神経疾患に対する創薬の実例紹介2
(東京農工大学大学院農学研究院 蓮見恵司 教授)
10:50~11:10 オープンイノベーションによる創薬の流れ1
(MSD株式会社 メディカルアフェーズ エグゼクティブディレクター 鴇田滋 氏)
11:10~11:30 オープンイノベーションによる創薬の流れ2
(Johnson and Johnson Innovation - Asia Pacific, New Venture Japan, Director 楠淳 氏)
11:30~11:50 医師主導治験と臨床研究法
(大阪大学医学部附属病院未来医療開発部臨床研究センター 山本洋一 センター長)
12:00~13:40 ランチョン・フラッシュトーク (昼食(弁当を用意)を摂りながら、参加者全員がそれぞれ1分で自己紹介)
13:40~14:00 フリータイム(名刺交換会)
【講演2】 座長:勝野雅央 教授
14:00~14:20 知的財産
(元 AMED 知的財産部 岩谷一臣 部長)
14:20~14:40 利益相反
(東京医科歯科大学イノベーション推進本部産学連携研究センター 飯田香緒里 教授)
14:40~15:00 医療系ベンチャー
(Beyond Next Ventures株式会社 執行役員 盛島真由 氏)
【特別講演・パネルディスカッション】 座長:横田隆徳 教授
15:00~15:30 特別講演:神経疾患に対するグローバル創薬の方向性
(バイオジェン・ジャパン株式会社 鳥居慎一 会長)
15:30~16:10 パネルディスカッション:神経疾患に対する創薬に向けた産官学連携のあり方
パネリスト:井本昌克 氏(AMED 臨床研究・治験基盤事業部長)
勝野雅央 教授(名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科学 教授)
縄野雅夫 氏(田辺三菱製薬株式会社創薬本部 神経科学創薬ユニット長)
二村隆史 氏(大塚製薬株式会社中枢神経疾患研究所 所長)
原田秀幸 氏(大日本住友製薬株式会社 執行役員 リサーチディレクター)
【ワークショップ(創薬塾)】 座長:飯田香緒里 教授
16:20~16:35 趣旨説明・例題解説(東京医科歯科大学オープンイノベーション機構 小川行平 特任講師)
16:35~17:05 チームディスカッション
17:05~17:30 チームごとにディスカッション内容の発表
17:30~17:50 総合討論(ファシリテーター:三重大学 副学長/medU-net副会長 西村訓弘 教授)
17:50~18:00 Closing Remarks(望月秀樹 教授)
18:00~21:00懇親会

【ご参加の登録方法】

WEB申込み: 参加ご希望の方は、下記の申込みフォームよりご登録ください。
なお、参加登録完了後に受付完了をお知らせするメールが自動送信されますので、 必ず受信可能なメールアドレスを登録して下さい。

参加申し込みにてご提供いただきました個人情報は、本セミナーの運営以外の目的で使用することはありません。

お問合せ

運営事務局(連絡先)

株式会社 ケイ・コンベンション
担当 浦川・荒木
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-27-2、2F
zneurosama@k-con.co.jp
:03-5367-2382

開催事務局

東京医科歯科大学(TMDU)
脳神経病態学分野(神経内科)